ウクレレを始めたい方へ ~私の独学の歩み~

ウクレレを始めたい方へ ~私の独学の歩み~

スポンサーリンク

ども
Tさんです~

公開した記事が20を数えたところですが、

このブログ書いてるの、何者?

と思っている人もいるかもしれません。
(いないかもしれません。)

なので(?)、せめて私のウクレレ遍歴、その独学の歩みを綴っていきたいと思います。

Youtuber「瀬戸弘司」さんの演奏に憧れて

まず、私がなぜウクレレに興味を持ったか。

それはYoutuberの瀬戸弘司さんの動画を見たからです。
もともとはカメラやスマホなどのガジェット系レビュー動画を見ていたのですが、ウクレレ系の動画もいくつか投稿されていて、それらを見たのがウクレレとの出会いでした。

瀬戸さんはウクレレの演奏動画やレビュー、紹介動画等を投稿されていますが、中でも私のお気に入りは瀬戸さんオリジナル曲の「Ko Olina Wedding Song」です↓

とっても素敵なウクレレらしい曲で、いつか弾けるようになりたいですね~

さて、そんな素敵な演奏をされる瀬戸さんですが、ウクレレは独学だそうなのです!

音楽は学校の授業でしかやらず、楽器というものに敷居の高さを感じていた私ですが、瀬戸さんのおかげで

「独学でこんなに弾けるんだ!」
「しかも弦も少ない!小さい!手軽そう!」

と思った私は、ウクレレの購入に至るのでした…。

Tさんのウクレレ購入歴

練習のお話をする前に、どんなウクレレを持っているのかと、それらの所感を購入歴とともに書いていきます。

初のウクレレ購入と放置

私の初ウクレレは、2014年6月に購入したALA MOANAの「UK-160/MH」でした。

詳しくはUK-160のレビュー記事をどうぞ↓

(後継機?でギアペグ仕様のUK-160G)

また、同時に教則本とチューナーも購入しました。

これで準備バッチリ!と練習してみる私でしたが、そのやる気は長くは続きませんでしたorz

今となってその原因を考えて挙げてみると、

・ストレートペグが付いていたため、チューニングがすぐずれてしまって調節もしにくかった(現行品はギアペグ付きです)
・「あぁ~いい音してるなぁ」と弾くだけで惚れ惚れするような音質…ではなかった
・弦高が高くて右手人差し指でジャカジャカしづらい
・優しく弾くのがまだ下手で、大きな音が鳴ってしまうので夜に練習しにくかった

といった感じでしょうか。

今となってはどの問題も、ギアペグに付け替えたし、かき鳴らすには良いチープさだと思ってるし、弦高も調整したしで解決されていて、値段なりのウクレレだと認識しています。

ただ、当時はモチベーションを保つことができなかったんですね。

サイレントウクレレを購入してウクレレ再開

そして月日は流れ、去る2017年5月にサイレントウクレレを購入し、またウクレレを弾き始めました。

サイレントウクレレのレビューはこちら↓

ウクレレをやり直そうと思ったきっかけは、知人が楽器を趣味にしていると聞いたことで、また楽器への敷居が低くなった気がしたからです。

また、ちょうど就活直後ということもあって、自分へのご褒美としてサイレントウクレレを購入しました。

このサイレントウクレレというチョイスが功を奏したようで、それから今まで、ウクレレを弾く日々が続いています。

そもそも、私はCrazyGが弾きたくてウクレレを始めたので、夜でもジャカジャカ練習できるというのは必要な条件だったのでしょうね。

ようやくメインのウクレレ「FS-1G」を購入!

2017年7月には、ウクレレピクニック2017にてジャンクウクレレに出会い、購入しました。
購入、修理の様子はこちらの記事↓をご覧ください。

ここで一つ入門用とは言え国産のしっかりしたウクレレを入手したことで、私の独学は勢いを増しました。

Tさんのウクレレ独学歴

ここからは、どのような練習手段で独学をしてきたか書いていきます。

独学は教則本や楽譜集とともに

レッスンやスクールに通わないとなると、まずお供になるのは「本」です。
私が使っていて「いいな!」と思った本をいくつか紹介しておきますね!

レビュー済み、イチオシの「はじめてのソロ・ウクレレ入門」

詳細はリンク先の記事からご覧ください!

はじめての一冊はこれで決まりだと思っています。

「ソロウクレレを誰でも弾けるようになる本」

基本テクニックの解説のほか、それぞれの課題曲を「メロディ(単音)のみの譜面」、「伴奏の譜面」、「ウクレレソロの譜面」の三種の譜面で掲載しているため、単音だけで練習したり、伴奏で弾き語ったり、ウクレレソロの仕組みを学びながら練習したりと、できることも多いです。

曲の構成が異なる「ソロウクレレを誰でも弾けるようになる本2」もあるので、みなさんも好きな曲が入っている方を選んでみましょう。

スポンサーリンク

鉄板の練習用譜面集「ウクレレメソッド」

こちらは基礎練習用の譜面がたくさん収録された、鉄板の一冊です。
ミズタマリのほか、何曲か楽譜も収録されています。

「ソロ・ウクレレのしらべ スタジオジブリ作品集」

ジブリのあの聞き慣れたメロディ達を弾いてみるとなんとも心地よく、練習のモチベーションになります。
難易度はA~Dまであり、私は最も簡単なAの曲をなんとか弾ききれるかなってとこですね。

動画を見て練習

CrazyGの記事でも書いたように、動画を見て練習することもあります。
Youtubeに上がっている動画なら巻き戻しも早送りもスロー再生もできるので、聞きたいとこ、見たいとこだけじっくり練習することができます。

ミズタマリのジャカソロバージョンも、主に瀬戸弘司さんのインスタを見て練習しました。

ウクレレやってる人なら誰もが知っている名曲、キヨシ小林さんの「ミズタマリ」。ウクレレの試奏でこれ弾いてる人多いですね。 前に紹介したCD「キヨシさんとぬのさん」にもこのミズタマリが収録されていて、もうそれはそれは素晴らしい演奏でした。ミズタマリ練習してる人は買ったほうがいいですよ。まじヤバイです。 そしてぷんレレのチューニングはローGにしてます。まだ1年経ってないのに枯れた感じの音が出て早熟なヤツですねこいつは(笑) お気に入りです。 動画は1分に収まりきらなかったので早送りにしました。 #ukulele #キヨシ小林 #布川俊樹

瀬戸弘司さん(@eguri89)がシェアした投稿 –

自分で楽譜を作って練習

楽譜がないときには自分で書くこともあります。

特に「童謡」は、メロディを知っている曲が多く、初心者の練習にぴったりだと思います。

自作の譜面での演奏はこちら↓

ウクレレでまた童謡〜 音のバランスへっぽこだけど許してぇ #ウクレレ #ukulele #童謡 #めだかの学校

Tさんさん(@t_shisan)がシェアした投稿 –

著作権保護期間が終了している曲をアレンジして公開していますので、ぜひご覧ください↓

終わりに

以上、「ウクレレを始めたい方へ ~Tさんの独学の歩み~」と題して、ウクレレ独学者の楽器と練習法を紹介しました。
どんな人がこのブログを書いているか少しでも伝わると幸いです。

それではまた~

↑最新記事はこちらから!↑

スポンサーリンク