ヤフオクでゲットしたFamous FS-1 ~レビュー編~

ヤフオクでゲットしたFamous FS-1 ~レビュー編~

スポンサーリンク

どうもTさんです

最近、「お手頃なウクレレないかな~」とヤフオクを眺めることが多いです。

そして落札してしまいました。

FS-1を…

やどかりさん
もうFS-1G持ってるだろ!
Tさん
ちょっと事情があって欲しかったんだもん…

落札したFS-1

今回入手したのはキワヤ商会の国産普及品ブランド「Famous」より、「FS-1」。

落札価格はおよそ3600円(送料別)でした。

私がすでに持っている「FS-1G」とはペグの種類が異なるほか、マイナーチェンジする前のモデルのようでその他の仕様も少し異なりました。

↑私のFS-1Gについてはこちらの記事を参照ください

到着した状態でのレビュー

さて、落札したFS-1を見てみましょう。

まずは全体像

落札したFS-1

次に、私の持っている(現行品もしくはそれに近い)FS-1Gと並べるとこんな感じ。

色とか結構違いますね

上の画像で現行品と見比べると、その大きな違いは

・ボディおよびネックの色合いが淡い(塗装の違いかな)
・指板、ナット、サドルが黒い
・ペグの種類

といったところでしょうか。

各部位を詳しく見てみます

まず、ペグは手付かずで仕様どおりのストレートペグ(フリクションペグ)となっていました。

FS-1のペグ

指板は塗装によって黒くなっているようで、縁の塗装が剥がれて木材の色が覗いていました。

サイドポジションマークはありませんでした

ナット、サドルは黒かったですが、樹脂製なのはFS-1Gと変わりませんでした。

ちなみにサドルの方は形状が私のFS-1Gと異なりました

ボディやヘッドには傷もありましたが、楽器としての機能に影響はなさそうです。

スポンサーリンク

ボディはトップ落ちが少し見られたほか、バックがやたらと膨らんでいました。

トップ落ちもバックの膨らみも
写真ではよくわからないですね(^^;)

バックの膨らみは仕様なのかもしれませんが、
定かではありません。
湿気とかで膨らんじゃったのかも

最後に、落札した際にソフトケースもついてきたのですが、内側に張られていた合皮(PUレザー)が劣化していてボロボロになっていました。

ボロボロになった合皮
崩れてゴミが落ちてくるので、このケースは廃棄します

ひとまず弾いてみる

それでは、いつものクレイジーGをどうぞ。

うん。
普通に弾けますね。

むしろ弦高なんかちょうどよくて弾きやすいくらい。

音もよく出ています。

ちなみに弦は届いたときに張ってあったもので、クリアナイロンだと思います。

終わりに

今回は「ヤフオクでゲットしたFamous FS-1 ~レビュー編~」と題して、新しい仲間の紹介でした。

5000円でジャンク品だったFS-1Gを入手したことを考えると、この状態のFS-1としては妥当なお値段で落札できたと思います。

ただ、ペグを始めとして気になるところもあるので、少し手を入れてまた記事にしたいと思います。

それではまた~

↑最新記事はこちらから!↑

スポンサーリンク