ハワイアンコアでウクレレ用ピックガードを作る ~製作編~

ハワイアンコアでウクレレ用ピックガードを作る ~製作編~

スポンサーリンク

ハワイアンコアでのピックガード作りもいよいよ製作に入ります。

前回の準備編↓

以前製作したローズウッド製ピックガード↓

まずは大まかにカット

はじめに、前回作ったテンプレートで形状を写し取ります。

そして、のこぎりで大まかにカットします。

少し余裕をもたせつつ、なるべく下書きに沿うように

荒目のやすりで輪郭を整える

カットしたままで角ばっている輪郭を、荒いやすりで整えます。

ここで使ったのはNTのドレッサー 大荒目↓

こちらのドレッサー、目詰まりしにくく、みるみるうちに削れていくので重宝しています。

この作業で輪郭はほとんど出来上がります

また、ここで裏面を削り、全体的に薄くしておきます。

紙やすりも使って形と表面を整える

ここからは、仕上げに向かっていきます。

まず、指板側が厚く、ボディ縁側に向かってなだらかに薄くなるように削っていきます。

赤い部分を薄く削っていく

そして、紙やすりも使って形を整えつつ表面を仕上げていきます。

ここで段々とヤスリを細い目のものにしていき、その途中で板を亜麻仁油に漬けます。

表面に塗るだけだと板が反ってしまうので、
全体を油漬けにします

スポンサーリンク

で、最後に布で磨いて完成なのですが、今回は仕上げにみつろうクリームを使って磨いてみました。

みつろうクリームで仕上げ
木工用なので安心して使えます

完成♪

完成したものがこちら。

ローズウッド製の前作(左)と比較
黒光りするローズウッドと、金色に煌めくようなハワイアンコア

そして、ウクレレに両面テープで貼り付けた姿がこちら!

わぁーい
ええやん(自画自賛)

拡大するとこう

分かりづらいですが指板側に杢目が出ています↓

ウクレレに着けた状態でも前作と比較してみましょう。

ハワイアンコアの方はコントラストが効いて目立ちます
触り心地はローズウッドがつるつるで、
ハワイアンコアはマットでさらさらしています

おわりに

今回は「ハワイアンコアでウクレレ用ピックガードを作る ~製作編~」と題して、再びのピックガード作りの模様をお伝えしました。

ウクレレを替えるのは大変ですが、こうやってカスタムして気分転換できるといいですね。

興味ある方はチャレンジしてみてください!

それではまた~

↑最新記事はこちらから!↑

スポンサーリンク