ハワイアンコアでウクレレ用ピックガードを作る ~準備編~

ハワイアンコアでウクレレ用ピックガードを作る ~準備編~

スポンサーリンク

以前製作した、FS-1G用ピックガード。

今回は気分転換と、その他思うところもあって、家に眠っていたハワイアンコア材でピックガードを作ります。

今回は準備編として、以前作ったピックガードから型紙とテンプレートを作成します。

ピックガードの写真から型紙を作る

まずは我が愛器FS-1Gに装着されしピックガードの写真を撮ります。

型紙のサイズ合わせのため、スケールと一緒に撮影
(今回、全体的に写真のピントが甘々です
見づらくてごめんなさいm-_-m)

そして、撮影した写真をPowerPointに取り込みます。
このとき、スライドのサイズはA4にしておきます。

取り込んだら、ピックガードを残してトリミングしておきます

ここで大事なのが、サイズ合わせ。

印刷したときにピックガードの写真が原寸大になるようにします。

やり方は、図形ツールで3cm×3cmの正方形(辺の長さが分かれば何でもいい)を作成し、写真のスケールと合わせます。

写真の大きさを調節し、スケールと正方形を合わせる

あとは写真の背景をちょちょっと削除し、PDF化後に印刷します。

印刷した正方形にスケールをあててサイズ確認
バッチリ!

ハサミでカットして、原型と比較
いい感じですね

型紙からテンプレートを作成

ペラペラの型紙ではなんとも頼りないので、テンプレートを作成します。

スポンサーリンク

アクリル板で作れば強度もあって長持ちしそうですが、そんなにハードに扱わないので、今回はプラバンで作ります。

適当なプラバンに両面テープで型紙を貼り付け…

油性ペンで端を塗り塗り

型紙を剥がすとこう

型紙の外形がプラバンに写せたら、カッターで跡をつけて、折るようにしてざっくりカット。

このままでは角が綺麗じゃないので紙やすりで整えて…

これで(テンプレートが)完成!

出来上がったテンプレートを原型に重ねるとこんな感じ↓

狙い通りのちょい大きめ
上出来です
(※合成じゃないですよ!)

おわりに

というわけで今回は「ハワイアンコアでウクレレ用ピックガードを作る ~準備編~」と題して、ピックガードの型紙とテンプレート作りの様子をお伝えしました。

次回、本格的にピックガードを作っていきますのでぜひお楽しみに↓

それではまた~

↑最新記事はこちらから!↑

スポンサーリンク