バンジョー缶ウクレレ製作~番外編 スチール缶に塗装をするの巻~

バンジョー缶ウクレレ製作~番外編 スチール缶に塗装をするの巻~

スポンサーリンク

どうも~

Tさんですよ~

さて皆さん、私が以前作った缶のウクレレ「バンジョー缶ウクレレ」を憶えていらっしゃいますか?

「忘れた!」「知らない!」
と思ったそこのあなたは、次の記事をご覧ください。

このウクレレは2018年10月に完成した自作のウクレレなのですが、完成後にオープンマイクに登場してから音沙汰なしでした。

オープンマイクの記事はこちら↓

今回は、その音沙汰なかった理由と、改良の様子をお伝えします。

完成した缶ウクレレに錆が浮いた!

Tさん
はい、見出しの通りです
やどかりさん
いやちゃんと説明して

というわけで、缶に錆が浮いてしまったんですよね。

こんな感じで↓

この缶はおそらくスチール缶に錫をメッキしたブリキ缶で、メッキが剥がれたところは錆びてしまうんですね~

ということで今回は、これ以上錆てしまわないように塗装をします!

缶を塗装してみよう!

使った塗料

今回使った塗料は、缶に塗料が乗りやすくなるプライマー「ミッチャクロン」と、黄色のラッカースプレーです。

作業開始!

まずは紙やすりで錆てるところを綺麗にします。

そして、ミッチャクロンで下地を作り、ラッカースプレーを3回に分けて重ね塗りしました。

ラッカースプレー1回目

スポンサーリンク

ラッカースプレー2回目

ラッカースプレー3回目
真っ黄色!
これにて塗装終了!

あとは元の形に組み直して完成です!

でぇーん

復活したバンジョー缶ウクレレの演奏

それでは復活したバンジョー缶ウクレレの演奏をどうぞ

曲はミズタマリ(ジャカソロ short ver.)です。

比較のために、塗装前の演奏の様子も載せておきます。

やどかりさん
なんだか塗装前に比べて音がまろやかになっちゃったね
Tさん
塗膜が厚いからかな
まぁ耳障りな感じは減ったし結果オーライということで

おわりに

今回は「バンジョー缶ウクレレ製作~番外編 スチール缶に塗装をするの巻~」と題して、自作ウクレレの缶に塗装をしました。

出音がだいぶ変わってしまいましたが、素材は違うとはいえ楽器への塗装の影響を垣間見ることができた気がします。

ともあれこれでまた錆を気にせず弾きまくれるので良しとします。

それではまた~

↑最新記事はこちらから!↑

スポンサーリンク