ZOOM Q2nのアクセサリーキットAPQ-2Nを購入!

ZOOM Q2nのアクセサリーキットAPQ-2Nを購入!

スポンサーリンク

どうもー

Tさんでーす。

前回レビューしたZOOMのQ2nですが、やっぱりアクセサリーキットを購入したので、今回はそちらのレビューです。

↑Q2n本体のレビュー記事はこちら

それでは早速レビュー!

まずは中身をチェック!

中身を取り出すとこんな感じ。

左から順に
専用ソフトシェルケース
ヘアリーウィンドスクリーン
レンズフード(上)
レンズカバー(下)

アクションカムマウント・アダプタ
マイクスタンド・アダプタ
USBケーブル
各種ストラップ

Tさん
たくさん入ってるねぇ
やどかりさん
そうだねぇ

ひとつずつ見ていこう!

それではキットの中身をひとつずつ詳しく見ていきます。

専用ソフトシェルケース

こちらのケースは専用品で、Q2n本体がすっぽり収まります。

やどかりさん
収まりの良さが心地良い
Tさん
君も収まるの好きだもんね

裏面にはベルトに固定するためであろう面ファスナーのベルトがついています。

ただ、ウィンドスクリーンを収納するときは「毛」がファスナーに挟まれそうなので、スクリーンをひっくり返すか、別の袋に入れてから収納するといいでしょう。

そのままでは毛が巻き込まれる

ウィンドスクリーンを裏っ返すといい感じ

ちなみに、少し押し込む形にはなりますが、Q2n本体と付属のアクセサリーは全てケースに収まります。

ヘアリーウィンドスクリーン

こちらはマイク用風防。

ヘアリーというだけあって、毛が豊富。

ダンディなグレーヘアーです。

で、このウィンドスクリーンの効果についてはサーキュレーターを使った検証動画をご覧ください。

効果抜群ですね。

ただ、こちらのウィンドスクリーンを実際に外で使ってみたところ、ヘアーが風になびいてカメラに写り込んでしまいました。

カメラとマイクが近いQ2nの構造からして、毛足の長いウィンドスクリーンはちょっと無理があるのかもしれません。

スポンサーリンク

これをうまく使うには、ヘアーを紐で縛るなどの対策が必要かもしれません。

レンズフード

レンズフードはゴム状の素材でできていて、取り付けるとこんな感じ。

このレンズフード、Q2nの飛び出た広角レンズを保護する役割をもつほか、余計な光を遮断して映像を綺麗にしてくれます。

その効果は次の比較画像をご覧ください。

これで照明や太陽の影響を受けにくくなりますね!

レンズカバー

レンズカバーも柔らかい素材でできていて、こちらは非使用時にレンズを保護してくれます。

これで安心して持ち運べますね!

さらにレンズカバーにはストラップ紐がついているので、Q2n本体のストラップホールに取り付けておくことで紛失が防止できます。

アクションカムマウント・アダプタ

こちらは○opro用のマウントが使えるようになるアダプタで、Q2nの三脚穴に固定して使います。

家にあったアクションカメラ用マウントを接続するとこんな感じ↓

三脚をちょこっと延長できるようになった

マイクスタンド・アダプタ

こっちのアダプタはマイクスタンド用。こちらも三脚穴に接続して使います。

私は使う機会が少ないかもしれませんが、スタジオやライブハウスなど、「マイクスタンドには困らないぜ!」といった場所では重宝しそうです。

追記

後日、なみカフェさんのウクレレカフェにて、マイクスタンドを使わせていただきました。

三脚をわざわざ用意せずとも、マイクスタンドで高さが稼げるのはありがたいですね~

USBケーブル

これは普通のmicroUSBケーブルですね。

アンドロイド端末用のものなど、他の通信可能なケーブルでも代用できます。

各種ストラップ

これらのストラップはZOOMのページにもパッケージにも掲載されていませんでしたが、おそらく細いほうがQ2n本体用、太いほうがソフトシェルケース用だと思います。

多分使い方はこれで正しい

おわりに

今回は「ZOOM Q2nのアクセサリーキットAPQ-2Nを購入!」と題して、Q2n用のアクセサリーキットのレビューでした。

私としては、専用シェルケースが持ち運びに重宝しそうでいいですね。

アクションカメラやコンデジに比べてQ2nはデリケートだと思うので。

ちなみに、このキットのうちウィンドスクリーン、マイクスタンド・アダプタ、レンズフード&レンズカバーはそれぞれ単品でも販売しています。

果たしてこの盛りだくさんのアクセサリー、私は使いこなせるのでしょうか!?

それではまた~

↑最新記事はこちらから!↑

スポンサーリンク